便秘が続くと体臭がきつくなるのは本当だった!

便秘が続くことで体臭がきつくなるのは、そうなるメカニズムがあるからです。

便秘になると、便が腸に長い期間とどまることになり、腸内で雑菌(悪玉菌)が大量に増殖し、腐敗が進行したのと同じ状態になります。

雑菌の大繁殖は、悪臭のする腐敗ガス(おならの成分)を大量に出し、有毒物質も腸内の便に蓄積していきます。

この腐敗ガスも有毒物質も、やがて血管の血液に溶け込み全身を循環しますが、これらが皮膚から流れ出す汗に含まれるようになり、体臭がきつくなります。
腐敗ガスは、吐く息にも含まれるようになり、口臭もきつくなります。

体臭がきつくなる原因は、便秘だけでなく、食べ物の種類による場合もあります。
例えば、ネギやニラやニンニクのような食材は、体臭をきつくします。

ただし、これらの食材は、便秘と関係なく悪臭を出します。

便秘によって悪臭のする腐敗になりやすい食材もあり、肉類やチーズなどの動物性のタンパク質や脂肪を多く含む食材も、体臭をきつくするので注意が必要です。

便秘を解消すると体臭は良くなる

便秘が原因で体臭がきつくなっているのなら、便秘を解消することが先決問題です。

便秘の解消には、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌の摂取が有効です。さらに、善玉菌を増やすオリゴ糖を同時に摂取すると、なお効果的です。

悪玉菌は悪臭のする腐敗ガスを出しますが、善玉菌はそのようなことがありません。
善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことは、腸内環境を改善して便秘を解消するとともに、悪臭を出す悪玉菌を減らします。

また、食材を選ぶことも大切で、ネギやニラを避け、肉類やチーズなどを少なめにして、緑黄色野菜を多めに摂取することを意識しましょう。
臭いの原因物質となる材料を減らせますので、体臭がきつくなることを抑制できます。

なお、乳酸菌を利用する以外の便秘解消法としては、食物繊維を多く摂取して水分を多めに摂取することも有効です。食物繊維には排便を促す働きがあるからです。

その場合、軟水よりも硬水の方が便通をスムーズにします。それは、硬水に含まれるマグネシウム・サルフェートによる効果です。

男性だけじゃない!女性にも発生する加齢臭の原因とは?

年齢とともに悩みの種となってくるのが加齢臭なのですが、実はこの悩みを抱えているのは男性だけではありません。

最近では、女性でも加齢臭に悩んでいると言う人が増えているのですが、それは「加齢臭が発生する原因は女性にもある」からなんです。

そこで気になってくるのが、そもそも加齢臭は何が原因で発生するのかと言うところです。

加齢臭のメカニズム

まず加齢臭そのものの原因として言われているのが、ノネナールという物質です。

これは皮脂腺から分泌される物質のひとつで、加齢とともに体内の細胞が酸化する事で皮脂量が増加した結果、ノネナールの分泌も増える事から加齢臭と呼ばれるものが発生しています。

一般的に男性の方が皮脂量が多いため加齢臭がきついと言われているのですが、女性も発生する原理は同じなので目立たないだけで、加齢臭そのものは発生していることになるのです。

加齢臭の原因は女性ホルモンの低下?

女性特有の加齢臭が発生する原因の1つは、「女性ホルモンの分泌低下」です。

一見すると女性ホルモンと加齢臭は関連性がないように見えるのですが、実は女性ホルモンには皮脂分泌を抑えるという作用があります。

これによって普段は皮脂の分泌量が少なくなっているのですが、閉経など女性ホルモンの分泌が低下する現象が起きると皮脂分泌を抑える作用がなくなってしまいます。

しかも女性ホルモンの減少によって体内にある男性ホルモンが活発になってしまうことも皮脂の分泌を促してしまうため、より皮脂が出やすくなるという悪循環に陥ってしまうとわけです。

さらに女性も年齢を重ねると体の細胞が酸化してくるので、ノネナールを分泌しやすい体質になります。これらの原因が合わさった結果、女性でも加齢臭を発生するようになってしまうのです。

特に注意しておきたいのが女性ホルモンが減少してくる時期として考えられている35歳前後の女性で、40歳を過ぎるとさらに発生しやすくなります。

食事制限が原因?ダイエットで体臭が悪化する可能性あり

ダイエットを行っていると、体臭がひどくなることがあります。

特に食事制限を厳しく行うダイエットで起こりやすいもので、その臭いのことを「ケトン臭」と言います。

人間の身体は食べ物から摂取した糖分をエネルギーとして使用しているのですが、ダイエットを行って糖質の摂取が減少すると、身体を動かすためのエネルギーは不足してしまいます。

そのままでは日常生活もままならなくなるため、不足したエネルギーを身体に着いた脂肪を分解することで補うという仕組みになっています。

糖分が不足して脂肪を分解する時に生成されるのがケトン体で、ケトン体が出来ているということは脂肪をエネルギーとして使っているという証拠。
ダイエット成功、といえる状態になります。

甘酸っぱい臭いがするケトン臭

しかしこの時に脂肪が多く分解されると、血液中にケトン体が増えてしまい口臭や体臭として感じてしまうようになるのです。

このケトン臭はダイエット臭とも呼ばれていて、油のような臭い、汗のような臭い、果物が腐ったような甘酸っぱい臭い、とも言われています。

他人なら気づくかもしれませんが、人間は自分の臭いには慣れてしまいますので、自分からケトン臭がしていることに気づかないこともあります。

ケトン臭を出さないダイエット方法とは

どれだけダイエットに成功して痩せることができても、対策を行わなければせっかくの努力も台無しになってしまいかねません。

ダイエット中の体臭を防ぐには、炭水化物の過度なカットはしないという方法があります。

炭水化物に含まれている糖分は身体を動かすエネルギーとして使われているのですが、炭水化物を一切食べないような食事制限を行ってしまうと、痩せやすくなる一方でダイエットによる体臭がひどくなる原因になります。

一気に痩せようとするのではなく、バランスの取れた食事を食べて、運動も同時に行うようにしましょう。

また、ケトン体は酸性のためアルカリ性の食品を積極的に摂取し、血液が酸性に傾きすぎるのを防ぐのも、ダイエットで体臭がひどくなるのを防ぐ効果が期待できます。