便秘が続くと体臭がきつくなるのは本当だった!

便秘が続くことで体臭がきつくなるのは、そうなるメカニズムがあるからです。

便秘になると、便が腸に長い期間とどまることになり、腸内で雑菌(悪玉菌)が大量に増殖し、腐敗が進行したのと同じ状態になります。

雑菌の大繁殖は、悪臭のする腐敗ガス(おならの成分)を大量に出し、有毒物質も腸内の便に蓄積していきます。

この腐敗ガスも有毒物質も、やがて血管の血液に溶け込み全身を循環しますが、これらが皮膚から流れ出す汗に含まれるようになり、体臭がきつくなります。
腐敗ガスは、吐く息にも含まれるようになり、口臭もきつくなります。

体臭がきつくなる原因は、便秘だけでなく、食べ物の種類による場合もあります。
例えば、ネギやニラやニンニクのような食材は、体臭をきつくします。

ただし、これらの食材は、便秘と関係なく悪臭を出します。

便秘によって悪臭のする腐敗になりやすい食材もあり、肉類やチーズなどの動物性のタンパク質や脂肪を多く含む食材も、体臭をきつくするので注意が必要です。

便秘を解消すると体臭は良くなる

便秘が原因で体臭がきつくなっているのなら、便秘を解消することが先決問題です。

便秘の解消には、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌の摂取が有効です。さらに、善玉菌を増やすオリゴ糖を同時に摂取すると、なお効果的です。

悪玉菌は悪臭のする腐敗ガスを出しますが、善玉菌はそのようなことがありません。
善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことは、腸内環境を改善して便秘を解消するとともに、悪臭を出す悪玉菌を減らします。

また、食材を選ぶことも大切で、ネギやニラを避け、肉類やチーズなどを少なめにして、緑黄色野菜を多めに摂取することを意識しましょう。
臭いの原因物質となる材料を減らせますので、体臭がきつくなることを抑制できます。

なお、乳酸菌を利用する以外の便秘解消法としては、食物繊維を多く摂取して水分を多めに摂取することも有効です。食物繊維には排便を促す働きがあるからです。

その場合、軟水よりも硬水の方が便通をスムーズにします。それは、硬水に含まれるマグネシウム・サルフェートによる効果です。

要チェック?体臭の原因は生活習慣にあった!

体臭の原因は主に2つあって、「体質によるもの」と「生活習慣」にわけられます。

そして、この2つの原因のうち生活習慣による人の方が多いです。なぜなら、体質が原因の体臭のほとんどが「ワキガ」だからです。

日本人は海外の人よりもワキガの人が少ない傾向にあります。
したがって、体臭でお悩みの場合はその原因の多くが日々の生活を見直すだけで改善できることが多いといえます。

体臭がきつくなる生活習慣

体臭がきつくなる生活習慣といえば、日常的にあまり野菜や果物を食べず、揚げ物やファストフードなど脂肪分の多い食べ物を好むといった食生活があります。

そのほか、汗をかいてもなかなか着替えない・素足で靴を履くことが多い・夏場など汗をよくかく季節でも肌着を身に着けないといった衣服に関する習慣もあります。

さらに、運動をしない・ストレスを溜めやすい生活を送っているといったことも体臭の原因につながります。

中でもストレスは、本人も気づいていないことが多く、体臭の原因になっているとわかりにくいのが現状です。

人間はストレスを受けると、アドレナリンや副腎皮質ホルモンが多量に分泌されます。
これらのホルモンは、同時に皮脂腺も刺激するので皮脂を過剰に分泌し、酸化しやすくなるので体臭を発生させてしまいます。

体臭を良くする生活習慣

対処法は、湯船にゆっくりと浸かり質の良い睡眠をしっかりととることです。

そして、ファストフードや脂肪分の多い食べ物を控えて、野菜を中心とした食生活にすることで、腸内環境を整えて新陳代謝が向上します。

便秘の予防・改善にもつながり、血行も良くなるので体臭の発生を抑える効果が期待できます。そのほかに、きのこや海草といった抗酸化作用のある食材も取り入れるとより良いです。

体臭の有無に関わらず、汗をかいたらよく拭く、またはなるべく早く着替えるようにしてそのままにしておくことは避けましょう。

男性だけじゃない!女性にも発生する加齢臭の原因とは?

年齢とともに悩みの種となってくるのが加齢臭なのですが、実はこの悩みを抱えているのは男性だけではありません。

最近では、女性でも加齢臭に悩んでいると言う人が増えているのですが、それは「加齢臭が発生する原因は女性にもある」からなんです。

そこで気になってくるのが、そもそも加齢臭は何が原因で発生するのかと言うところです。

加齢臭のメカニズム

まず加齢臭そのものの原因として言われているのが、ノネナールという物質です。

これは皮脂腺から分泌される物質のひとつで、加齢とともに体内の細胞が酸化する事で皮脂量が増加した結果、ノネナールの分泌も増える事から加齢臭と呼ばれるものが発生しています。

一般的に男性の方が皮脂量が多いため加齢臭がきついと言われているのですが、女性も発生する原理は同じなので目立たないだけで、加齢臭そのものは発生していることになるのです。

加齢臭の原因は女性ホルモンの低下?

女性特有の加齢臭が発生する原因の1つは、「女性ホルモンの分泌低下」です。

一見すると女性ホルモンと加齢臭は関連性がないように見えるのですが、実は女性ホルモンには皮脂分泌を抑えるという作用があります。

これによって普段は皮脂の分泌量が少なくなっているのですが、閉経など女性ホルモンの分泌が低下する現象が起きると皮脂分泌を抑える作用がなくなってしまいます。

しかも女性ホルモンの減少によって体内にある男性ホルモンが活発になってしまうことも皮脂の分泌を促してしまうため、より皮脂が出やすくなるという悪循環に陥ってしまうとわけです。

さらに女性も年齢を重ねると体の細胞が酸化してくるので、ノネナールを分泌しやすい体質になります。これらの原因が合わさった結果、女性でも加齢臭を発生するようになってしまうのです。

特に注意しておきたいのが女性ホルモンが減少してくる時期として考えられている35歳前後の女性で、40歳を過ぎるとさらに発生しやすくなります。

食事制限が原因?ダイエットで体臭が悪化する可能性あり

ダイエットを行っていると、体臭がひどくなることがあります。

特に食事制限を厳しく行うダイエットで起こりやすいもので、その臭いのことを「ケトン臭」と言います。

人間の身体は食べ物から摂取した糖分をエネルギーとして使用しているのですが、ダイエットを行って糖質の摂取が減少すると、身体を動かすためのエネルギーは不足してしまいます。

そのままでは日常生活もままならなくなるため、不足したエネルギーを身体に着いた脂肪を分解することで補うという仕組みになっています。

糖分が不足して脂肪を分解する時に生成されるのがケトン体で、ケトン体が出来ているということは脂肪をエネルギーとして使っているという証拠。
ダイエット成功、といえる状態になります。

甘酸っぱい臭いがするケトン臭

しかしこの時に脂肪が多く分解されると、血液中にケトン体が増えてしまい口臭や体臭として感じてしまうようになるのです。

このケトン臭はダイエット臭とも呼ばれていて、油のような臭い、汗のような臭い、果物が腐ったような甘酸っぱい臭い、とも言われています。

他人なら気づくかもしれませんが、人間は自分の臭いには慣れてしまいますので、自分からケトン臭がしていることに気づかないこともあります。

ケトン臭を出さないダイエット方法とは

どれだけダイエットに成功して痩せることができても、対策を行わなければせっかくの努力も台無しになってしまいかねません。

ダイエット中の体臭を防ぐには、炭水化物の過度なカットはしないという方法があります。

炭水化物に含まれている糖分は身体を動かすエネルギーとして使われているのですが、炭水化物を一切食べないような食事制限を行ってしまうと、痩せやすくなる一方でダイエットによる体臭がひどくなる原因になります。

一気に痩せようとするのではなく、バランスの取れた食事を食べて、運動も同時に行うようにしましょう。

また、ケトン体は酸性のためアルカリ性の食品を積極的に摂取し、血液が酸性に傾きすぎるのを防ぐのも、ダイエットで体臭がひどくなるのを防ぐ効果が期待できます。

体内を改善すればニオイも消える?体臭を改善できる食べ物とは?

汗をかきやすい時期になってくると、体臭が気になりますよね。

女性の場合はエチケットとして気を配っているという人も多いのですが、体臭を予防・改善する方法の中でも最も手軽に実践する事ができるのが食べ物の工夫なのです。

というのも、食べ物と体臭には密接な関係があると言われていて、食べ物によっては体臭をきつくするものや逆に改善してくれるものがあります。

そのため体臭を改善したいなら、まずは食べ物に気を配ることが大切なのです。

体臭を改善してくれる抗酸化食品

では、実際に体臭を改善してくれる食べ物としてはどのようなものがあるのかと言うと、抗酸化作用のあるものがおすすめされています。

抗酸化作用のある食べ物は、加齢臭などの細胞の酸化によって起きやすい体臭を予防・改善する事ができます。

そんな抗酸化作用のある食べ物としておすすめするものとしては、トマトやスイカ・かぼちゃ・にんじん・ほうれん草・パプリカがあります。

いずれも手軽に購入できるほか、調理もしやすくなっていると言う点で使いやすいです。

また、ビタミンB2・ビタミンB6は脂肪を分解・タンパク質を代謝促進する作用を持っていて、体臭の原因となりやすい脂肪やタンパク質を手早く対処することができます。

これらの栄養素を豊富に含んでいるものがおすすめで、ビタミンB2であれば卵や納豆・さんまやししゃもという和食中心にメニューを組み立てやすい食べ物があります。

ビタミンB6もバナナであれば毎食続けて食べる事ができますし、かつお・まぐろ・いわしを中心とした魚にも豊富に含まれているので幅広いメニューに活用しやすくなっています。

ほかには、体臭を悪化させやすい原因として腸内環境が指摘されているので、腸内環境を改善する事ができる食べ物も体臭改善におすすめされています。

例えば、きのこや海藻類は食物繊維が豊富に含まれていますし、ヨーグルトやキムチには乳酸菌が含まれています。

腸内環境とともに体臭を改善してくれる食べ物として普段のメニューにも使いやすいです。

若い女性にも増えている疲労臭の原因と改善方法

疲れている時に身体から発するツンとした体臭のことを疲労臭と言いますが、その臭いの正体はアンモニアです。

運動不足や睡眠不足、ストレスなどで肝臓の働きが低下するとアンモニアが分解できなくなり、汗をかいた時にアンモニア臭が強くなります。
また、飲酒や喫煙などで肝臓の働きが弱まっているときも、疲労臭が発生してしまいます。

女性の場合は便秘でアンモニアが排出されないことが疲労臭の原因となってしまうこともあります。

それ以外の原因としては、肝脂肪や肝硬変などの病気からくる疲労臭であることも考えられるので注意が必要です。

疲労臭を改善するための方法

疲労臭は毎日お風呂に入っているからといって消えるものではないため、予防や対策方法を取る必要があります。

改善させるために一番大事なことは、疲れを溜めないことです。
疲れを取るためにはお風呂に入る時に、シャワーだけでなく湯船にゆっくり浸かることが大切です。

湯船に浸かることで汗腺機能が高まるだけでなく、リラックス効果もあり疲労を軽減させることができます。
お風呂に入るタイミングは就寝の2時間前だと睡眠効果が高まり睡眠不足も防げるので一番効果的です。

食生活の見直しで体臭は良くなる

また疲労臭の改善には食生活の見直しなど生活習慣の改善も必要になります。

食生活は抗酸化作用の高い食品や腸内環境を整えてくれる食品を摂取し、バランスを考えた食事にする必要があります。

食事での改善が難しい場合には、疲労臭の改善に効果がある栄養素を含むサプリメントで補うのが最適です。そして、暴飲暴食やアルコールの摂取も控える必要があります。

参考:女性におすすめの体臭サプリメント

また適度な運動もストレス発散になり、汗をかくことで不純物を排出することもできるため疲労臭の予防には効果的です。

ただし過剰な運動は疲労の原因になりアンモニア臭が増加してしまう恐れがあるため控えたほうがいいでしょう。

若い女性にも増えているという疲労臭は、ストレスや食生活など日々の生活を見直すことで改善することができます。

驚きの効果!靴やブーツの臭いを簡単に消す方法

靴の臭いを消す方法はいくつかあるのですが、中でも重曹を使ってみるのが手軽です。

掃除用のものがホームセンターや百円均一ショップなどに売っているので、使い古したストッキングや靴下に入れて、こぼれないように固く口を結びます。

それを臭いが気になる靴の中に置いておけば、消臭作用が期待できます。おまけに湿気を取り除いてくれますから、カビの繁殖を防げるため一石二鳥です。

十円玉を使うという方法もあるのですが、やり方は簡単で、帰宅後の靴やブーツの中に二、三枚入れておくだけです。
銅イオンが発生して殺菌してくれるのです。もしも効果が薄いと感じるなら、枚数を増やしておくと良いでしょう。

靴を毎日履いていると、臭いが強くなりやすい

同じ靴やブーツを毎日履かないようにすることも大切です。

靴の中はどうしても湿気がこもりやすく、ばい菌が繁殖しやすい環境になります。
濡れた状態が長く続けばそれだけ臭いも強くなってしまいますから、一度履いた靴は三日ほど天日干しをして、その間は別のものを使用しておきたいです。

どうしてもそれが難しいのなら、市販されている消臭スプレーをかけておきます。これをやっておくだけでかなり臭いを抑えられます。

また、靴の臭いを消すための粉が売っているのですが、これは重曹とは違って直接ふりかけることになるため、使う商品によっては変色してしまうかもしれません。
それが心配なら目立たない箇所に使用して、問題ないかを確かめておくと失敗が少ないです。

他にも、靴の中の湿気と臭いを取る中敷もありますから、自分に合うものを選びましょう。

足をしっかり洗うことも忘れずに!

消臭作用のある石鹸で、足を洗ってみるのも効果的です。皮脂や汗を除去するのに長けているので、靴から移った臭いも取ってくれます。

ただし、良い香りを残したいからと、きれいにすすがないのは逆効果になりかねません。
洗った直後は良いのですが、残った石鹸のカスが雑菌の繁殖場所になったり餌になったりするからです。十分に洗い流してから、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

簡単セルフチェック!自分で体臭を確認してみよう

自分の体臭が気になる人は多い反面、実際に体臭がどうなっているのか自覚することは難しいですよね。

だからこそ余計に気になってしまうという人が多いのですが、そんな人でも簡単に自分の体臭をチェックする事ができる方法があるのです。

体臭をチェックする方法

まずは、お風呂に入った後にそれまでに来ていた衣類の臭いを確認する方法です。

これは「お風呂に入った後」というところがポイントで、自分の体を清潔にすることや浴室の水蒸気によって、麻痺していた嗅覚をリセットすることができます。

そのため、お風呂上りにそれまで着ていた衣類の臭いをチェックすると、自分の体臭がどうなっているのか、分かりやすくなっているのです。

お風呂に入る直前までの体臭をチェックできるので、よりハッキリ分かる点がおすすめです。

脇のニオイをチェックしてみよう

ちなみに、この方法で特にチェックしておきたい部分が脇です。というのも、脇の部分から悪臭がした場合はワキガである可能性が高いからです。

ワキガも体臭と同じく、自覚することが難しい臭いなので、もしも心当たりがあるならセルフチェックでワキガになっていないかどうか確認してみる必要があります。

脇の体臭を確認したい人におすすめなのが、「脇汗を拭いたものの臭いをチェックする」という方法です。

脇汗は拭き取ってすぐに体臭がハッキリと分かるので、時間を置かなくてもすぐにチェックできるというところがメリット。
しかもこの方法はこっそりと実践する事が出来るので、外出先でも定期的なチェックとして使いやすくなっています。

ほかには、ビニール袋を使った方法もあります。
1日着用していた下着をビニール袋の中に入れて、臭いを確認してみてください。

ポイントは下着をビニール袋の中に入れて少し時間が経過してから臭いをチェックすることです。ここで強烈なニオイがあるなら、体臭に問題ありと判断できます。

運動不足は体臭のもと?有酸素運動で汗腺を鍛えるべし

汗と体臭は密接な関係があります。
そもそも汗は、運動をしたり暑いところにいたときに、上がった体温を調節するために出ます。

そして汗は「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる2つの汗腺から分泌されます。

エクリン腺から出る汗はサラっとしていて無臭ですが、アポクリン腺から出る汗は粘度が高くにおいがあります。

日常的に運動をする、または汗をよくかく環境にいる人の汗は主にエクリン腺から分泌されます。この汗は蒸発しやすいので雑菌が繁殖しにくいです。

しかし、慢性的に運動不足の人はあまり汗をかかないため汗腺の機能が衰えてしまいます。
新陳代謝が悪くなり、エクリン腺よりもアポクリン腺からの分泌が活発となり、粘度の高い汗は蒸発しにくいため酸化して体臭の原因となってしまいます。

体臭を改善したいなら有酸素運動で汗腺を活発に

運動不足が原因の体臭の改善方法は、有酸素運動を取り入れることをオススメします。

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング・サイクリングなど、負荷の比較的高くない運動を継続的に行うことをさします。

有酸素運動をすることによって、汗をかくようになり汗腺の働きが徐々に活発になります。

初めのうち、汗はドロドロとしていて不快に感じるかもしれませんが、続けているうちに徐々にサラサラとした水のような汗に変わってきます。
このような汗になれば、汗腺が少しずつ活性化している証拠です。

有酸素運動の他にも、毎日の入浴法で汗腺を鍛えることができます。

42度ほどの少し熱めのお湯に足首と手をつけて10分から15分ほどそのままにします。
お湯につけているうちにじっとりと汗をかくようになります。

毎日続けていると、サラサラとした汗をかくようになります。特に夏場などの暑い時期には、入浴後も有効活用しましょう。

お風呂から上がったらすぐにエアコンや扇風機などで体を冷やさずに、しばらく汗をかいて汗腺を鍛えます。すぐに体を冷やしてしまうとせっかく開いた汗腺が閉じて休んでしまうためです。

そのニオイ、体のSOSかも?体臭タイプでわかる病気の種類

体臭には個人差があるものですが、いつもと違う体臭が突然始まった場合には、病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

ここでは、体臭の種類と体臭からわかる病気についてご紹介します。

古来より、病気にはそれぞれ独特の臭いがあるとされており、現代医学が発達する以前には、医師が患者の体臭を嗅いで診断する「嗅診」が行われていました。

病気になると、体内の物質の化学反応や合成が健常時と違ってくるので、特有の物質が多く生成されるようになります。

その物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となります。物質にはそれぞれ特有の臭いがあるため、体臭から病名を知る目安とすることができます。

体臭の種類と病気の関係

たとえば、糖尿病初期の患者からは甘い口臭や体臭がします。病気が進行してくると甘酸っぱい匂いに変わります。
これは、糖の代謝がうまくいかなくなると代わりに脂肪をエネルギー源として使うようになり、その過程でアセトン(ケトン)という物質が体内で生成されるためです。

甘酸っぱい匂いはケトンによるもので、ケトン臭、また糖質制限ダイエットをしている人にも同じ現象が見られるため、ダイエット臭とも呼ばれています。

胃に障害が出ている時には卵の腐ったような匂いや酸っぱい臭いがします。
腐敗臭は胃の働きが低下しているために胃内に食べ物が溜まって発生するもの、酸っぱい臭いは胃酸の臭いです。

尿を作る器官である腎臓に機能障害がある場合は体臭にアンモニアのような臭いが混じります。

肝機能障害の場合はドブのような臭い、痛風の場合は古いビールのような臭いです。
ひどい便秘の人の体臭は便の臭いになることがあります。これは便の臭いを発する物質が血液に乗って体内を巡ることにより発生します。

また、腸内のガスが腸から胃・食道、さらに気道へと逆流してくることによって、口臭が便のような臭いになるというわけです。

このように、体臭は体調のバロメーターとなります。いつもと違う体臭が突然するようになった場合には病院に行くなど、健康チェックすることをおすすめします。