そのニオイ、体のSOSかも?体臭タイプでわかる病気の種類

体臭には個人差があるものですが、いつもと違う体臭が突然始まった場合には、病気が隠れている場合があるので注意が必要です。

ここでは、体臭の種類と体臭からわかる病気についてご紹介します。

古来より、病気にはそれぞれ独特の臭いがあるとされており、現代医学が発達する以前には、医師が患者の体臭を嗅いで診断する「嗅診」が行われていました。

病気になると、体内の物質の化学反応や合成が健常時と違ってくるので、特有の物質が多く生成されるようになります。

その物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となります。物質にはそれぞれ特有の臭いがあるため、体臭から病名を知る目安とすることができます。

体臭の種類と病気の関係

たとえば、糖尿病初期の患者からは甘い口臭や体臭がします。病気が進行してくると甘酸っぱい匂いに変わります。
これは、糖の代謝がうまくいかなくなると代わりに脂肪をエネルギー源として使うようになり、その過程でアセトン(ケトン)という物質が体内で生成されるためです。

甘酸っぱい匂いはケトンによるもので、ケトン臭、また糖質制限ダイエットをしている人にも同じ現象が見られるため、ダイエット臭とも呼ばれています。

胃に障害が出ている時には卵の腐ったような匂いや酸っぱい臭いがします。
腐敗臭は胃の働きが低下しているために胃内に食べ物が溜まって発生するもの、酸っぱい臭いは胃酸の臭いです。

尿を作る器官である腎臓に機能障害がある場合は体臭にアンモニアのような臭いが混じります。

肝機能障害の場合はドブのような臭い、痛風の場合は古いビールのような臭いです。
ひどい便秘の人の体臭は便の臭いになることがあります。これは便の臭いを発する物質が血液に乗って体内を巡ることにより発生します。

また、腸内のガスが腸から胃・食道、さらに気道へと逆流してくることによって、口臭が便のような臭いになるというわけです。

このように、体臭は体調のバロメーターとなります。いつもと違う体臭が突然するようになった場合には病院に行くなど、健康チェックすることをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です