要チェック?体臭の原因は生活習慣にあった!

体臭の原因は主に2つあって、「体質によるもの」と「生活習慣」にわけられます。

そして、この2つの原因のうち生活習慣による人の方が多いです。なぜなら、体質が原因の体臭のほとんどが「ワキガ」だからです。

日本人は海外の人よりもワキガの人が少ない傾向にあります。
したがって、体臭でお悩みの場合はその原因の多くが日々の生活を見直すだけで改善できることが多いといえます。

体臭がきつくなる生活習慣

体臭がきつくなる生活習慣といえば、日常的にあまり野菜や果物を食べず、揚げ物やファストフードなど脂肪分の多い食べ物を好むといった食生活があります。

そのほか、汗をかいてもなかなか着替えない・素足で靴を履くことが多い・夏場など汗をよくかく季節でも肌着を身に着けないといった衣服に関する習慣もあります。

さらに、運動をしない・ストレスを溜めやすい生活を送っているといったことも体臭の原因につながります。

中でもストレスは、本人も気づいていないことが多く、体臭の原因になっているとわかりにくいのが現状です。

人間はストレスを受けると、アドレナリンや副腎皮質ホルモンが多量に分泌されます。
これらのホルモンは、同時に皮脂腺も刺激するので皮脂を過剰に分泌し、酸化しやすくなるので体臭を発生させてしまいます。

体臭を良くする生活習慣

対処法は、湯船にゆっくりと浸かり質の良い睡眠をしっかりととることです。

そして、ファストフードや脂肪分の多い食べ物を控えて、野菜を中心とした食生活にすることで、腸内環境を整えて新陳代謝が向上します。

便秘の予防・改善にもつながり、血行も良くなるので体臭の発生を抑える効果が期待できます。そのほかに、きのこや海草といった抗酸化作用のある食材も取り入れるとより良いです。

体臭の有無に関わらず、汗をかいたらよく拭く、またはなるべく早く着替えるようにしてそのままにしておくことは避けましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です