便秘が続くと体臭がきつくなるのは本当だった!

便秘が続くことで体臭がきつくなるのは、そうなるメカニズムがあるからです。

便秘になると、便が腸に長い期間とどまることになり、腸内で雑菌(悪玉菌)が大量に増殖し、腐敗が進行したのと同じ状態になります。

雑菌の大繁殖は、悪臭のする腐敗ガス(おならの成分)を大量に出し、有毒物質も腸内の便に蓄積していきます。

この腐敗ガスも有毒物質も、やがて血管の血液に溶け込み全身を循環しますが、これらが皮膚から流れ出す汗に含まれるようになり、体臭がきつくなります。
腐敗ガスは、吐く息にも含まれるようになり、口臭もきつくなります。

体臭がきつくなる原因は、便秘だけでなく、食べ物の種類による場合もあります。
例えば、ネギやニラやニンニクのような食材は、体臭をきつくします。

ただし、これらの食材は、便秘と関係なく悪臭を出します。

便秘によって悪臭のする腐敗になりやすい食材もあり、肉類やチーズなどの動物性のタンパク質や脂肪を多く含む食材も、体臭をきつくするので注意が必要です。

便秘を解消すると体臭は良くなる

便秘が原因で体臭がきつくなっているのなら、便秘を解消することが先決問題です。

便秘の解消には、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌の摂取が有効です。さらに、善玉菌を増やすオリゴ糖を同時に摂取すると、なお効果的です。

悪玉菌は悪臭のする腐敗ガスを出しますが、善玉菌はそのようなことがありません。
善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことは、腸内環境を改善して便秘を解消するとともに、悪臭を出す悪玉菌を減らします。

また、食材を選ぶことも大切で、ネギやニラを避け、肉類やチーズなどを少なめにして、緑黄色野菜を多めに摂取することを意識しましょう。
臭いの原因物質となる材料を減らせますので、体臭がきつくなることを抑制できます。

なお、乳酸菌を利用する以外の便秘解消法としては、食物繊維を多く摂取して水分を多めに摂取することも有効です。食物繊維には排便を促す働きがあるからです。

その場合、軟水よりも硬水の方が便通をスムーズにします。それは、硬水に含まれるマグネシウム・サルフェートによる効果です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です