男性だけじゃない!女性にも発生する加齢臭の原因とは?

年齢とともに悩みの種となってくるのが加齢臭なのですが、実はこの悩みを抱えているのは男性だけではありません。

最近では、女性でも加齢臭に悩んでいると言う人が増えているのですが、それは「加齢臭が発生する原因は女性にもある」からなんです。

そこで気になってくるのが、そもそも加齢臭は何が原因で発生するのかと言うところです。

加齢臭のメカニズム

まず加齢臭そのものの原因として言われているのが、ノネナールという物質です。

これは皮脂腺から分泌される物質のひとつで、加齢とともに体内の細胞が酸化する事で皮脂量が増加した結果、ノネナールの分泌も増える事から加齢臭と呼ばれるものが発生しています。

一般的に男性の方が皮脂量が多いため加齢臭がきついと言われているのですが、女性も発生する原理は同じなので目立たないだけで、加齢臭そのものは発生していることになるのです。

加齢臭の原因は女性ホルモンの低下?

女性特有の加齢臭が発生する原因の1つは、「女性ホルモンの分泌低下」です。

一見すると女性ホルモンと加齢臭は関連性がないように見えるのですが、実は女性ホルモンには皮脂分泌を抑えるという作用があります。

これによって普段は皮脂の分泌量が少なくなっているのですが、閉経など女性ホルモンの分泌が低下する現象が起きると皮脂分泌を抑える作用がなくなってしまいます。

しかも女性ホルモンの減少によって体内にある男性ホルモンが活発になってしまうことも皮脂の分泌を促してしまうため、より皮脂が出やすくなるという悪循環に陥ってしまうとわけです。

さらに女性も年齢を重ねると体の細胞が酸化してくるので、ノネナールを分泌しやすい体質になります。これらの原因が合わさった結果、女性でも加齢臭を発生するようになってしまうのです。

特に注意しておきたいのが女性ホルモンが減少してくる時期として考えられている35歳前後の女性で、40歳を過ぎるとさらに発生しやすくなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です