食事制限が原因?ダイエットで体臭が悪化する可能性あり

ダイエットを行っていると、体臭がひどくなることがあります。

特に食事制限を厳しく行うダイエットで起こりやすいもので、その臭いのことを「ケトン臭」と言います。

人間の身体は食べ物から摂取した糖分をエネルギーとして使用しているのですが、ダイエットを行って糖質の摂取が減少すると、身体を動かすためのエネルギーは不足してしまいます。

そのままでは日常生活もままならなくなるため、不足したエネルギーを身体に着いた脂肪を分解することで補うという仕組みになっています。

糖分が不足して脂肪を分解する時に生成されるのがケトン体で、ケトン体が出来ているということは脂肪をエネルギーとして使っているという証拠。
ダイエット成功、といえる状態になります。

甘酸っぱい臭いがするケトン臭

しかしこの時に脂肪が多く分解されると、血液中にケトン体が増えてしまい口臭や体臭として感じてしまうようになるのです。

このケトン臭はダイエット臭とも呼ばれていて、油のような臭い、汗のような臭い、果物が腐ったような甘酸っぱい臭い、とも言われています。

他人なら気づくかもしれませんが、人間は自分の臭いには慣れてしまいますので、自分からケトン臭がしていることに気づかないこともあります。

ケトン臭を出さないダイエット方法とは

どれだけダイエットに成功して痩せることができても、対策を行わなければせっかくの努力も台無しになってしまいかねません。

ダイエット中の体臭を防ぐには、炭水化物の過度なカットはしないという方法があります。

炭水化物に含まれている糖分は身体を動かすエネルギーとして使われているのですが、炭水化物を一切食べないような食事制限を行ってしまうと、痩せやすくなる一方でダイエットによる体臭がひどくなる原因になります。

一気に痩せようとするのではなく、バランスの取れた食事を食べて、運動も同時に行うようにしましょう。

また、ケトン体は酸性のためアルカリ性の食品を積極的に摂取し、血液が酸性に傾きすぎるのを防ぐのも、ダイエットで体臭がひどくなるのを防ぐ効果が期待できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です