若い女性にも増えている疲労臭の原因と改善方法

疲れている時に身体から発するツンとした体臭のことを疲労臭と言いますが、その臭いの正体はアンモニアです。

運動不足や睡眠不足、ストレスなどで肝臓の働きが低下するとアンモニアが分解できなくなり、汗をかいた時にアンモニア臭が強くなります。
また、飲酒や喫煙などで肝臓の働きが弱まっているときも、疲労臭が発生してしまいます。

女性の場合は便秘でアンモニアが排出されないことが疲労臭の原因となってしまうこともあります。

それ以外の原因としては、肝脂肪や肝硬変などの病気からくる疲労臭であることも考えられるので注意が必要です。

疲労臭を改善するための方法

疲労臭は毎日お風呂に入っているからといって消えるものではないため、予防や対策方法を取る必要があります。

改善させるために一番大事なことは、疲れを溜めないことです。
疲れを取るためにはお風呂に入る時に、シャワーだけでなく湯船にゆっくり浸かることが大切です。

湯船に浸かることで汗腺機能が高まるだけでなく、リラックス効果もあり疲労を軽減させることができます。
お風呂に入るタイミングは就寝の2時間前だと睡眠効果が高まり睡眠不足も防げるので一番効果的です。

食生活の見直しで体臭は良くなる

また疲労臭の改善には食生活の見直しなど生活習慣の改善も必要になります。

食生活は抗酸化作用の高い食品や腸内環境を整えてくれる食品を摂取し、バランスを考えた食事にする必要があります。

食事での改善が難しい場合には、疲労臭の改善に効果がある栄養素を含むサプリメントで補うのが最適です。そして、暴飲暴食やアルコールの摂取も控える必要があります。

参考:女性におすすめの体臭サプリメント

また適度な運動もストレス発散になり、汗をかくことで不純物を排出することもできるため疲労臭の予防には効果的です。

ただし過剰な運動は疲労の原因になりアンモニア臭が増加してしまう恐れがあるため控えたほうがいいでしょう。

若い女性にも増えているという疲労臭は、ストレスや食生活など日々の生活を見直すことで改善することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です