驚きの効果!靴やブーツの臭いを簡単に消す方法

靴の臭いを消す方法はいくつかあるのですが、中でも重曹を使ってみるのが手軽です。

掃除用のものがホームセンターや百円均一ショップなどに売っているので、使い古したストッキングや靴下に入れて、こぼれないように固く口を結びます。

それを臭いが気になる靴の中に置いておけば、消臭作用が期待できます。おまけに湿気を取り除いてくれますから、カビの繁殖を防げるため一石二鳥です。

十円玉を使うという方法もあるのですが、やり方は簡単で、帰宅後の靴やブーツの中に二、三枚入れておくだけです。
銅イオンが発生して殺菌してくれるのです。もしも効果が薄いと感じるなら、枚数を増やしておくと良いでしょう。

靴を毎日履いていると、臭いが強くなりやすい

同じ靴やブーツを毎日履かないようにすることも大切です。

靴の中はどうしても湿気がこもりやすく、ばい菌が繁殖しやすい環境になります。
濡れた状態が長く続けばそれだけ臭いも強くなってしまいますから、一度履いた靴は三日ほど天日干しをして、その間は別のものを使用しておきたいです。

どうしてもそれが難しいのなら、市販されている消臭スプレーをかけておきます。これをやっておくだけでかなり臭いを抑えられます。

また、靴の臭いを消すための粉が売っているのですが、これは重曹とは違って直接ふりかけることになるため、使う商品によっては変色してしまうかもしれません。
それが心配なら目立たない箇所に使用して、問題ないかを確かめておくと失敗が少ないです。

他にも、靴の中の湿気と臭いを取る中敷もありますから、自分に合うものを選びましょう。

足をしっかり洗うことも忘れずに!

消臭作用のある石鹸で、足を洗ってみるのも効果的です。皮脂や汗を除去するのに長けているので、靴から移った臭いも取ってくれます。

ただし、良い香りを残したいからと、きれいにすすがないのは逆効果になりかねません。
洗った直後は良いのですが、残った石鹸のカスが雑菌の繁殖場所になったり餌になったりするからです。十分に洗い流してから、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です